食品飲料の購入の決め手と受賞シンボル・マークの影響に関する調査2017

  • 食品の購入の決め手として、キャッチコピーやキャンペーンなどのサービス情報よりも金賞受賞などの受賞シンボル・マークのほうを高く考えられている結果に
  • 受賞シンボル・マークが記載されている商品の購入意欲 全体57.8%
  • 20代30代OLは65.9%と高く、男性は55.6%
  • 海外の評価審査機関で、日本で最も認知度が高いのはモンドセレクション。昨年よりも認知度が伸びているのがiTQi(国際味覚審査機構)

⇒ ご希望の方には詳しい元データを提供させて頂きますので、
  資料ダウンロードよりご依頼ください。



受賞シンボル・マークの影響に関する調査

受賞おめでとうございます!

モンドセレクションなどの国際的な賞を受賞した後、マスコミに取材されて売上を伸ばす会社と
受賞前後でほとんど変わらない会社にわかれてしまいます……

残念ながら「受賞しましたPR」だけで取材されることはほとんどありません。

取材されている会社は、受賞の有無にかかわらず、意図的にさまざまな切り口で
マスコミにPRを仕掛けています。

大企業が通常CMや新聞広告などに多額の予算をかけているところ、あなたの会社や商品が取材というカタチでマスコミに取り上げてもらうことで、低コストで全国区の知名度を得ることができ、爆発的な集客効果を得ることができます。

しかし、以下のような誤解をされている社長様がほとんどです……

PRの誤解

[check]どうしてあの会社ばかりメディアに取り上げられるのだろう?やはりコネが必要なのか?
[check]創業●年と歴史が長いのに取材がきたことがない
[check]上場企業、大企業でないと取材に来てもらえないのでは?
[check]自社商品をマスコミに取り上げて欲しいが、やり方がわからない。
[check]社内に広報PRのできる人材がいない。
[check]PR会社に依頼しようと思ったが、料金が高すぎて断念した……
[check]費用対効果の落ちている広告の予算をあげたほうがいいのでは?

御社や御社の商品が世に出ず、埋没してしまうことは、本当にもったいない……

PRは、経営のあらゆる面で高いメリットを得られることができ、ブランディングと販売促進を実現できる経営戦略です!

マスコミ取材獲得の圧倒的な効果

  • マスコミに企画提案することで、広告よりも圧倒的に安い費用で宣伝することができる
  • 自己自慢の広告だと反応が低いが、マスコミという第3者発信の情報だと反応が飛躍的に高くなる
  • テレビなどにでれば、圧倒的に高い販促効果が得られる
  • 商品・サービス・会社の信頼性があがる
  • 社員のロイヤリティー、モチベーションを自然にあげることができる
  • 優秀な社員を採用しやすくなる
  • 取材実績、記事などを営業用ツールとして2次活用することができる

画像の説明

食品飲料専門のPRサービス

画像の説明

自己自慢の費用対効果の悪い広告ではなく
マスコミという新聞やテレビなどに報道してもらうことにより
御社及び商品の認知度ブランド力を飛躍的にあげるPR

第3者にとりあげてもらうためには
第3者視点でのPR戦略のプランニングが一番の近道です。

食品飲料専門マスコミ取材獲得支援サービス
FoodsR&D